読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豪雨で消えた球磨村の看板、290キロ流され対馬の浜に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本県南部を襲った7月4日の九州豪雨で倒壊し、流失した同県球磨村の「球磨村消防団第四分団詰所」の看板が、直線距離で約290キロ離れた長崎県の離島・対馬最北端の海岸で見つかった。11月2日に対馬市消防団のメンバーが同村役場を訪れて返還する。

対馬の海岸で見つかった球磨村消防団第四分団詰所の看板(岡部浩二さん提供)
対馬の海岸で見つかった球磨村消防団第四分団詰所の看板(岡部浩二さん提供)

 看板は木製で縦1・5メートル、横0・4メートル。対馬市上対馬町の飲食業岡部浩二さん(64)が14日午前8時半頃、近くの三宇田浜海水浴場を散歩中、シャワー棟の壁に立てかけられているのを見つけた。岡部さんは「看板を見て驚いた。地域を守る団員たちの気持ちが込められたものだと感じた」と振り返る。

 看板のことを知った市の担当者が地元の市消防団に連絡し、返還が決まった。安田寿和団長(63)は「今後、対馬市と球磨村の消防団同士の交流につながればと願っている。無事に届けたい」と話す。

 球磨村総務課によると、看板が掛かっていた第四分団(団員33人=1月1日現在)の詰め所は球磨川沿いにあり、豪雨で倒壊して看板とともに川に流されたとみられる。同課は「連絡をもらいありがたい。村も第四分団も喜んでおり、心待ちにしています」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1567173 0 社会 2020/10/22 07:21:00 2020/10/22 07:21:00 2020/10/22 07:21:00 対馬で見つかった球磨村消防団第四分団詰所の看板(岡部浩二さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201022-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)