塩野義製薬の台湾現地法人にサイバー攻撃…盗まれた情報の一部がネットに公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 塩野義製薬は22日、台湾現地法人がサイバー攻撃を受け、盗まれた情報の一部がインターネット上に公開されていると明らかにした。特定の方法でしかアクセスできないダークウェブと呼ばれるサイトに、社員の在留許可証とみられるデータなどとともに、ほかにも多くの内部情報を盗んでおり、連絡するよう求める英文が掲載されているという。

 今月中旬、台北にある事務所のパソコンがウイルスに感染したことが判明した。パソコンを使用不能にするなどし、金銭を要求するコンピューターウイルス「ランサム(身代金)ウェア」が使われたとみられる。塩野義製薬は、ほかの拠点では感染はないとしている。

無断転載・複製を禁じます
1571404 0 社会 2020/10/23 13:30:00 2020/10/23 14:24:33 2020/10/23 14:24:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ