年金過払い4300万円、時効で回収不能に…返還請求の手続き遅れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本年金機構が昨年度までの4年間に公表した年金の過払い178件のうち、68件の計約4300万円が返還請求の手続き遅れで時効となり、回収不能になっていたことが、会計検査院の調べでわかった。検査院は、厚生労働省と日本年金機構に迅速な処理の徹底を求めた。

 会計法では、過払い年金は支給日から5年が経過すると、国の返還請求権が消滅すると定められている。

 検査院は、年金機構が公表した200万円以上の過払い178件を調査。約4割にあたる68件で、受給者の了解を得たり、金額を訂正したりする作業などが遅れ、全額または一部で時効が成立していた。

 年金機構は内規で手続きごとに終了期限を定めていたが、実務を担当する年金事務所への徹底が不十分だった。年金機構は「スケジュール管理を徹底する」としている。

無断転載・複製を禁じます
1571949 0 社会 2020/10/23 15:46:00 2020/10/23 16:04:50 2020/10/23 16:04:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ