市長、市役所に私物サウナ…昼休みに利用「持病の腰痛和らげるため」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が、同市役所内に私物の家庭用サウナを設置し、昼休みなどに約1か月間使っていたことがわかった。冨田市長は23日、市役所で記者会見して「公私混同と思われても仕方ない」と謝罪。かかった電気代は返金するという。

 説明によると、市長室の隣に自転車型トレーニングマシンを置いており、9月中旬にサウナを搬入。昼休みなどに3日に1回のペースで各20分ほど使用していたが、家族の指摘で10月中旬に撤去したという。

 冨田市長はニュースサイト「デイリー新潮」で報じられたことを受けて会見。「持病の腰痛を和らげるためで、一時的なら許されると思った」と釈明し、辞職は否定した。冨田市長は池田市議などを経て、昨年4月の市長選に大阪維新の会公認で出馬し、初当選した。

無断転載・複製を禁じます
1573929 0 社会 2020/10/24 07:46:00 2020/10/24 20:18:26 2020/10/24 20:18:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ