同僚に殴られた男性、転倒して電動ノコギリに接触…首を切って死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡市清水区の工場で9月、男性が電動ノコギリで首を切った傷害事件があり、静岡県警清水署は23日、この事件で病院に運ばれたインドネシア国籍で静岡市清水区殿沢、作業員カイリル・アムリさん(26)が死亡したと発表した。

 発表などによると、アムリさんは9月19日午前9時頃、清水区の工場内で、同僚のブラジル国籍で清水区駒越東町、作業員の被告の男(40)に胸を殴られて転倒。その際、電動ノコギリに接触して首を切った。男はこの事件に関する傷害容疑で逮捕、起訴されている。静岡地検は今後、傷害致死罪の適用を視野に捜査を進める。

無断転載・複製を禁じます
1574258 0 社会 2020/10/24 11:47:00 2020/10/25 22:26:33 2020/10/25 22:26:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ