【独自】メタボ健診補助金、国が市区町村などに過大交付…2年で6億8000万円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 生活習慣病予防のための特定健診(メタボ健診)を実施した市区町村などへの補助金を会計検査院が調べたところ、国が2年間に約6億8000万円を過大に交付していたことがわかった。検査院は、厚生労働省に改善を求めた。

 国は2008年から、40~74歳の住民らに特定健診を実施した市区町村などを財政支援。腹囲などの基本検査とは別に、貧血、心電図、眼底検査のうち一つでも受ければ、3検査の平均費用を基にした一律の補助金を支給している。

 検査院は、23都道府県の942市区町村などの実施状況(16~17年度)を調査。3検査を受診した約141万人のうち約93%(約132万人)は、貧血検査だけを受けていることが分かった。貧血検査の実施費用は一律の補助額より安く、検査院は約6億8000万円が過大だったと試算した。

 厚労省は、「適切な補助額の設定に努める」としている。

無断転載・複製を禁じます
1574432 0 社会 2020/10/24 15:00:00 2020/10/24 15:53:50 2020/10/24 15:53:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ