読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

海上自衛隊、「官僚系ユーチューバー」見本に動画刷新…P3C哨戒機の操縦リアルに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 活動紹介のインターネット動画で若者の視聴者数が伸び悩んできた海上自衛隊が、公式チャンネルの刷新に乗り出している。哨戒機の操縦席の様子を見せたり、機体をわかりやすく解説したり。「官僚系ユーチューバー」のユニーク動画で注目を集める農林水産省からもノウハウを学ぶ予定で、両者はコラボ動画も制作したい考えだ。

哨戒機の操縦席の様子がリアルに紹介されている海上自衛隊の公式チャンネル(動画投稿サイト「ユーチューブ」から)
哨戒機の操縦席の様子がリアルに紹介されている海上自衛隊の公式チャンネル(動画投稿サイト「ユーチューブ」から)

 海自が今月16日、ユーチューブの公式チャンネルで配信を始めたシリーズ企画「艦Tube(かんつべ)」。初回は、日本周辺の警戒監視に従事しているP3C哨戒機が、機体の確認から離陸するまでを紹介した。カメラは操縦席の中に潜入し、操縦士らによる離陸前の計器チェックを経て、機体が滑走路上でスピードを上げていく場面を取り上げている。

 海自がこれまで公開してきた動画は訓練風景や新造艦の進水式の様子など「堅め」の内容だった。公式チャンネルの登録数は約15万9000人いるが、そのほとんどが高齢者。今回は若者にも広く見てもらおうと、動画で「仮想体験」できるような作りを目指した。初回は公開から26日までに16万2000回視聴された。

 海自の自衛官候補生(18歳以上33歳未満)採用者数は19年度には予定の9割に持ち直したものの、18年度は6割で、陸海空の3自衛隊で最低だった。長期間の航海任務や、遠洋でスマートフォンが使いにくいことが敬遠された理由とみられ、若者への魅力発信が課題だ。

農相の記者会見を方言で吹き替えした動画(映っているのは前農相の江藤氏。動画投稿サイト「ユーチューブ」から)
農相の記者会見を方言で吹き替えした動画(映っているのは前農相の江藤氏。動画投稿サイト「ユーチューブ」から)

 一方、同じ中央官庁でも、農水省の公式チャンネルでは主に20歳代の職員が「官僚系ユーチューバー」として出演し、農作業を体験したり、夜の森にクワガタ捕りに出かけたりして注目を集めている。「政策をわかりやすく伝える」という狙いで、農相の記者会見を方言で吹き替えた動画も人気を呼んでいる。

 「職員採用の応募者の中では、動画を志望動機の一つに挙げる若者もいる」(農水省幹部)といい、今後、海自は農水省に動画制作のノウハウを教わり、動画の共同制作も検討する。

 農水省職員が海自の艦艇に乗り、国産のコメや野菜、海産物を使って旧海軍時代のレシピを継ぐ「海軍カレー」を作るといったアイデアが出ている。海上幕僚監部広報室は「話題作りがうまい農水省のノウハウを学びたい」、農水省広報評価課は「接点があまりにない両者の組み合わせは話題になる」と意欲を見せている。

無断転載・複製を禁じます
1578172 0 社会 2020/10/26 13:42:00 2020/10/26 14:05:43 2020/10/26 14:05:43 公式チャンネルでは哨戒機の任務や離陸する直前の様子が紹介されている(動画投稿サイト「ユーチューブ」より) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201026-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)