読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

キャンプブームでテント輸入急増、過去最高を更新か…密避け「ソロ」「冬」人気

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テントの輸入が急増している。全国の輸入量と輸入額は昨年、過去最高を更新し、今年はさらにそれを上回る勢いで推移している。近年のキャンプブームに加え、新型コロナウイルスの感染拡大で「密」を避けながらレジャーを楽しみたい人が増えていることも要因とみられる。

 大阪税関によると、昨年の全国のテント輸入量は、前年の約1・3倍の1万266トンと24年ぶりに過去最高を更新し、輸入額も1・4倍近い118億円と23年ぶりに過去最高となった。今年1~8月の輸入量は前年同期比4・4%増の8528トン、輸入額は2・7%増の93億円と、昨年を上回る水準となっている。

 急増の背景には、ここ数年のキャンプブームに加え、芸能人がキャンプの様子を撮影した動画や、キャンプを題材にした漫画やドラマの人気があるという。今年はコロナ禍で密を避ける傾向が強まったことも、後押ししているとみられる。

 アウトドア用品大手のロゴスコーポレーション(大阪市)では、ファミリー向けだけでなく、1~2人用も売れているという。担当者は「一人で過ごす『ソロキャンプ』や冬場の『冬キャンプ』など、楽しみ方は多様化している」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1578618 0 社会 2020/10/26 15:33:00 2020/10/26 15:43:15 2020/10/26 15:43:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201026-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)