電動キックスケーター、自転車レーンでの走行実験

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公道で実証実験が始まった電動キックスケーター(27日、東京都千代田区で)=菅野靖撮影
公道で実証実験が始まった電動キックスケーター(27日、東京都千代田区で)=菅野靖撮影

 車道での通行が義務づけられている電動キックスケーターを自転車レーンで走らせる実証実験が27日、東京都内でも始まった。安全性や利便性を確認し、活用法を探る。

自転車専用通行帯で実証実験が始まった電動キックスケーター(27日、東京都千代田区で)=菅野靖撮影
自転車専用通行帯で実証実験が始まった電動キックスケーター(27日、東京都千代田区で)=菅野靖撮影

 実証実験は、新興企業「ループ」などが、警察庁の特例措置を受けた東京駅周辺を含む4か所で2021年3月中旬まで行う。事前に応募した希望者が、最高速度20キロ・メートル未満のスケーターを走らせる。

 電動キックスケーターは、モーターで走り、立って運転する二輪車で、欧米などで普及している。国内では道路交通法で原動機付き自転車に分類され、運転免許やヘルメットの着用などが必要なことから、あまり利用されていない。

 ループの岡井大輝社長は「電車やバスなどに代わる新たな移動手段として提案したい」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1581988 0 社会 2020/10/27 19:01:00 2020/10/27 19:01:00 2020/10/27 19:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201027-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)