読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

被告の少年、崖から落ちた被害者を「最後は華やかですね」…東尋坊殺人公判で共犯の元少年証言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福井県坂井市の東尋坊の海で昨年10月、滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(当時20歳)の遺体が見つかった事件で、殺人や監禁などの罪に問われた少年1人(18)に対する裁判員裁判の公判が28日、地裁(大西直樹裁判長)であった。共犯とされる元少年(20)(殺人罪などで起訴)の証人尋問があり、被告の少年の言動が明らかにされた。

 元少年は、被告の少年が「手錠を嶋田さんにつけ、顔面を殴っていた」と証言。暴行した嶋田さんを死なせる場所を複数人で決める際、「(被告の少年が)『東尋坊でいいんじゃないですか』と提案した」と説明した。また、嶋田さんが東尋坊の崖から落ちたことについて、「(被告の少年が)『最後は華やかですね』と話していた」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1588409 0 社会 2020/10/29 18:25:00 2020/10/29 19:35:14 2020/10/29 19:35:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)