読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】制度の「盲点」つかれた…「GoTo」宿泊無断キャンセル、クーポン狙いか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の観光支援策「Go To トラベル」事業で今月から配布が始まった「地域共通クーポン」を巡り、各地で宿泊の無断キャンセルが相次いでいることがわかった。買い物などに使える電子クーポンを不正に取得する目的とみられ、観光庁は被害の実態を調査し、対策を講じる方針だ。

■大打撃

 「コロナ禍で激減した客足が少しずつ戻ってきたところだったのに……。無断キャンセルは大打撃だ」。千葉県館山市の「館山リゾートホテル」支配人の飯田貴さん(49)はそう憤る。

 旅行サイトを通じ、東京都国分寺市の男性を名乗る人物から予約が入ったのは今月24日夜。25日から「8人で5泊6日」で、宿泊料金は総額約62万円。ホテルにとっては、滞在期間も長い貴重な団体客だ。

 8人分の食事を用意して客たちを待ったが、深夜になっても到着せず、サイトに登録された電話番号もつながらない。結局、数日分の食材が無駄になってキャンセル料約25万円も入らず、現在、警察への被害届を検討しているという。

地域共通クーポンで買い物ができることを示す登録店のポスター(29日、東京都台東区で)
地域共通クーポンで買い物ができることを示す登録店のポスター(29日、東京都台東区で)

 無断キャンセルの目的とみられるのが、地域共通クーポンの不正取得だ。8人の予約では9万5000円分が発行されていた。

 クーポンは紙と電子媒体の2種類。このうち電子クーポンは、宿泊当日の午後3時以降に専用サイトに予約番号などを入力することで、「QRコード」を使った利用が可能となる。予約がキャンセルされるとクーポンは取り消されるが、ホテルが無断キャンセルだと判断するのは通常、深夜以降となる。この間に商店などで電子クーポンが使用されたとみられ、制度の「盲点」をつかれた形だ。

 こうした無断キャンセルは都内や神奈川県などのほか、京都府でも確認されており、いずれも電子クーポン取得目的の可能性が高いとみられている。観光庁は、クーポンを事前に発行する仕組みについて、「観光地を回ってからホテルに入る旅行者は多く、利便性を考慮した」としている。

残り:759文字/全文:1692文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1589321 0 社会 2020/10/30 05:00:00 2020/10/30 09:47:48 2020/10/30 09:47:48 菓子店の店頭に掲げられた、GOTOトラベル地域共通クーポンの取り扱いを知らせるポスター(29日午後3時23分、東京都台東区の「菓子の二木」で)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201030-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)