都のコロナ1日の検査可能数、2・5倍に拡充計画…インフルとの同時流行に備え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都の小池百合子知事は30日の記者会見で、冬場の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、都内の新型コロナの1日の検査可能数を、12月上旬までに現在の2・5倍の約6万5000件に拡充する計画を発表した。

マスク着用、屋外で会話少なければ必要なし…厚労省助言機関が見解

 都の推計では、新型コロナとインフルエンザが同時に流行すると、都内の発熱患者は1日に最大約6万5000人に上る。これに対し、都内の1日の検査可能数は現在、最大約2万5000件にとどまる。計画では、都内の医療機関の稼働時間を延長することで検査可能数を約2万件増やす。また、30分ほどで結果が出る抗原検査の簡易キットの導入を進め、約2万件分の検査能力を確保する。

 小池知事は「必要な検査を迅速に実施できるよう、関係機関と連携して検査体制を拡充する」と語った。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1591025 0 社会 2020/10/30 19:42:00 2020/10/30 20:25:10 2020/10/30 20:25:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)