読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内で2年ぶり強毒性鳥インフル確認、北海道で採取したカモ類のフンから

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道は30日、紋別もんべつ市内で採取されたカモ類のフンから、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出されたと発表した。環境省によると、国内での強毒性鳥インフルエンザウイルスの確認は約2年ぶり。

 同市周辺で野鳥の死骸などは確認されていないが、道は採取場所周辺10キロ圏内で野鳥の監視を強化。同3キロ以内の養鶏場などに立ち入り検査などを行う方針だ。

 フンは24日に北海道大学が採取した。鳥インフルエンザウイルスは通常、人には感染しないとされている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1591266 0 社会 2020/10/30 21:06:00 2020/10/30 23:46:51 2020/10/30 23:46:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)