コロナ禍の世の中照らす「希望の光」…大阪・御堂筋でライトアップ始まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市の御堂筋をライトアップする恒例の「御堂筋イルミネーション」(JR大阪駅―南海難波駅付近、約4キロ)が3日、始まった=写真=。青やピンク、紫など鮮やかなLED電球(約130万個)が年末まで、沿道のイチョウ並木を彩る。

 府や市、経済界などでつくる実行委員会が主催。12回目の今年は、コロナ禍の世の中を明るく元気にする「希望の光」がテーマ。この日、午後5時30分に点灯されると、家族連れやカップルらがスマートフォンで写真を撮って楽しんでいた。ライトアップは12月31日までの午後5時頃~11時。

無断転載・複製を禁じます
1600370 0 社会 2020/11/04 07:12:00 2020/11/04 10:50:44 2020/11/04 10:50:44 御堂筋を照らすイルミネーション(大阪市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201104-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ