読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北海道で過去最多187人感染、札幌が初の100人突破…ススキノの深夜営業自粛を要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北海道独自の警戒ステージの引き上げを発表する鈴木知事(7日、札幌市中央区で)=松本拓也撮影
北海道独自の警戒ステージの引き上げを発表する鈴木知事(7日、札幌市中央区で)=松本拓也撮影

 北海道は7日、道内の新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多の187人になったと発表した。鈴木直道知事は同日、札幌市の繁華街ススキノの飲食店約4000店を対象に深夜から未明の営業や酒類提供の自粛を要請。期間は7日から27日までの3週間で、要請に応じた店には支援金20万円が支給される。

 感染者の急増を受け、道は7日、独自に設定している5段階の警戒ステージを「2」から「3」に引き上げた。札幌市の同日の新規感染者は142人と初めて100人を突破し、ススキノ地区では10月以降、クラスター(感染集団)の発生が相次いでいる。

 道は27日までの午後10時~午前5時に、接待を伴う飲食店に営業自粛を要請し、居酒屋やカラオケ店などに酒類提供の自粛を求める。

 道は8月に独自の警戒基準を設け、ステージ3は初めて。鈴木知事は「一人ひとりが行動を見直すようお願いする」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1608970 0 社会 2020/11/07 14:18:00 2020/11/08 01:15:42 2020/11/08 01:15:42 道独自の「警戒ステージ3」へ移行し、記者会見する鈴木知事(7日午後4時38分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201107-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)