読売新聞オンライン

メニュー

「人類の遺産守ることに尽力を」…JICAチームに読売国際協力賞の贈賞式

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際協力活動で功績をあげた個人や団体を顕彰する第27回読売国際協力賞の贈賞式が10日、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれ、受賞したJICA(国際協力機構)「大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト」チームに賞状と副賞500万円などが贈られた。

 JICAは、2008年からエジプトで文化遺産の保存修復に従事する人材の育成や技術移転を行ってきた。16年からは現地の専門家と共同で、大エジプト博物館(21年開館予定)に展示される文化財の修復プロジェクトに取り組んでいる。

 式では、老川祥一・読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆代理が「日本の技術を海外で生かすことは非常に大きな国際貢献だ。今後も人類の遺産を守ることに尽力してほしい」とたたえた。受賞者を代表して中村三樹男・プロジェクト総括は「困難な中でも、エジプトの方と一緒に汗を流し、考えながら答えを出していくことで、互いの信頼を得ることができた」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1615999 0 社会 2020/11/10 21:31:00 2020/11/10 23:33:11 2020/11/10 23:33:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)