読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

今年度は1日だけ3キロ走行、県部局長公用車「センチュリー」売却へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長野県の阿部知事は10日の記者会見で、部局長が公用車として使用しているトヨタ自動車の高級セダン「センチュリー」=写真=1台を売却する方針を明らかにした。今後ネットオークションに出品する。

 センチュリーは2000年1月、吉村知事(当時)の公用車として1134万円で購入。吉村知事が退任した同年10月以降は部局長の公用車となった。走行距離は約7万キロ。部局長車はセンチュリー以外にミニバンが5台あり、今年度は8月末までに1日(約3キロ)しか使われていなかった。

 新型コロナウイルスの影響で自治体の財政状況が厳しくなる中、全国的にも高額な公用車を巡る議論が起きており、県民からも「財政が厳しい中で保有していいのか」との意見が3件ほど寄せられたという。

 阿部知事は「12月に車検切れになる上、これからは実用性や機能性が重要。購入から20年が経過し、使用頻度も極めて低いことから売却が適切だと判断した」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1619149 0 社会 2020/11/11 22:17:00 2020/11/11 22:47:45 2020/11/11 22:47:45 売却が決まった知事部局で保有する「センチュリー」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201111-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)