読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ゴーン被告、棄却求める答弁書提出…日産が100億円賠償請求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日産自動車が、会社法違反(特別背任)などで起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告に計約100億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、横浜地裁(浦野真美子裁判長)であった。ゴーン被告は国外逃亡したままだが、請求棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を示した。

 訴状によると、ゴーン被告は、日産が借りていた国内外の住居を無償で利用し、コーポレート(社有)ジェットの私的利用を繰り返すなどして、日産に損害を与えたと主張。ゴーン被告が逮捕・起訴されたことに伴う株価の下落や信用毀損きそんなどによる損害も10億円を下らないとして、総額約100億円の損害が生じたとしている。

 ゴーン被告の代理人の一人、三ッ石雅史弁護士は、読売新聞の取材に対し、日産側が第1回口頭弁論前に提出した書証が、取締役会議事録など数点にとどまっていることから、「書証がそろってからでないと、具体的な認否のしようがない」と説明。ゴーン被告はオンラインでの打ち合わせで「日本の民事訴訟法で(日産側の訴訟対応に)サンクション(制裁)はないのか」と話したという。

 ゴーン被告は昨年末、中東レバノンに逃亡。日本政府は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配し、身柄の引き渡しも求めているが、刑事裁判が開かれるメドは立っていない。一方、役員報酬過少記載事件で、ゴーン被告と共謀したとして起訴された日産元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)の刑事裁判は、9月に東京地裁で始まり、ケリー被告は無罪を主張している。

無断転載・複製を禁じます
1623135 0 社会 2020/11/13 11:41:00 2020/11/13 12:59:46 2020/11/13 12:59:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)