国内の新規感染、最多の1705人…駒沢大サッカー部でクラスター

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の新型コロナウイルス感染者は13日、新たに1705人が確認され、2日連続で過去最多を更新した。死者は埼玉県で5人、大阪府で2人など、7道府県で計12人だった。

コロナ感染の全数把握見直し、岸田首相が検討指示…季節性インフルと同じ5類相当の議論も

 東京都の新規感染者は374人で、3日連続で300人を上回った。駒沢大サッカー部で24人が感染するクラスター(感染集団)が発生するなど、3大学の運動部員ら計33人の感染が明らかになった。感染経路別では家庭内が61人で最も多く、施設内55人、職場内24人と続いた。半数超の194人は感染経路が特定できていない。

 大阪府では、これまでで最も多い263人の感染が判明。13日までの1週間の累計感染者は1385人で、前週の1・58倍に急増している。

 このほか、13人だった岩手県と23人の長野県で過去最多に。茨城県は最多だった12日と同じ26人の感染が確認された。北海道は最多の12日とほぼ同じ235人で、2日連続で200人以上となった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1624734 0 社会 2020/11/13 20:42:00 2020/11/14 01:05:49 2020/11/14 01:05:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201114-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)