読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

通説「早生まれは何かと不利」研究で裏付け…ならば「誕生月格差」を逆転するには?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「早生まれ」。

 

 「1~3月(4月1日を含む)」の早生まれは、何かと不利が多い――。幼少期にはよく当てはまる話だが、実は大学進学や賃金の水準、プロスポーツといった幅広い面で「4月2日」以降に生まれた方が有利になるとの研究結果が出た。こうした「誕生月格差」は、運命と受け止めるしかないのだろうか。

体格、進学…「格差」は大人まで

 最も不利とされるのが誕生日が「4月1日」の人たちで、菅内閣で総務相を務める武田良太・衆院議員(52)もその一人。小学1年生でラグビーを始めた当初は同級生より身長が10センチ以上低く、「負けたくない」との気持ちから牛乳やご飯を何杯もおかわりして体を大きくした。本人は「高校生以降はほとんど意識することがなかった」と振り返るが、早生まれをバネに努力を重ねたケースと言える。

 誕生月格差は幼少期にとどまらない点で深刻だ。東大経済学部の山口慎太郎教授(44)らが今年7月に発表した研究論文によると、3月生まれと4月生まれを比べた場合、入学した高校の偏差値は4月生まれの方が平均で4.5ポイントも高くなった。この結果、大学の進学率や大手企業に就職できる割合でも4月生まれが優位となる。

 30~34歳の男性の場合、1~3月生まれは4~6月生まれに比べて賃金水準が3.9%も低くなるという別の研究結果も出ている。学歴や就職先で差が生じれば、「誕生月格差」が長期化・固定化するというわけだ。

 スポーツの世界ではとりわけ顕著となる。プロ野球選手2238人の誕生月は「4~6月」が34%を占めるのに対し、「1~3月」は半分の16%にすぎない。小学生の野球選手では誕生月の分布に目立った違いはないものの、中学、高校と進むにつれて「1~3月」の割合が減っていく。調査をした東京農大の勝亦陽一准教授(41)は「心身の成長面で不利となり、練習や試合出場の機会が十分に与えられないまま競技から離脱してしまう」と分析する。

「9月入学」に影

残り:1269文字/全文:2130文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1625320 0 社会 2020/11/14 05:00:00 2020/11/14 16:01:45 2020/11/14 16:01:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201113-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)