読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

航空自衛隊自慢の「空上げ」、知名度上げたい…ライバルは「海自カレー」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 航空自衛隊が、各基地の食堂で隊員に出している鳥の唐揚げ「空自空上からあげ」の知名度アップに躍起だ。ライバルは、海軍時代の伝統を受け継ぐ海上自衛隊の「海自カレー」。PRのためのキャラクターを考案し、商標登録まで済ませる熱の入れようだ。

空自の井筒幕僚長(右)と海自の山村幕僚長が火花を散らすポスター
空自の井筒幕僚長(右)と海自の山村幕僚長が火花を散らすポスター

 空自空上げは、2016年度に生み出された。隊員の食育に乗りだそうとしたが、海自のカレーのような組織に根付いた料理がなかったためだ。17年度には「普及5か年計画」を策定。その後、公式サイト上でレシピを紹介するなどしてきたが、定着せず、先月からはツイッターでの動画配信もスタート。第1弾として、沖縄特産のシークワーサー果汁を加えて味付けした那覇基地の一品を取り上げた。

記者会見で、「からっと隊長」のぬいぐるみを手にする井筒幕僚長
記者会見で、「からっと隊長」のぬいぐるみを手にする井筒幕僚長

 井筒俊司・航空幕僚長は先月9日の定例記者会見で、戦闘機の運用体制について説明後、「空上げは非常にポテンシャル(潜在力)がある料理。認知度は海自のカレーが100とすると、200くらいまで伸ばしたい」と息巻いた。同月23日の会見には、PRキャラクター「からっと隊長」のぬいぐるみを持って現れるなど、空上げのアピールに余念がない。

 対する海自側は当初、「うちのカレー以上にスパイスが利いたものを期待している」(海上幕僚監部広報室)と余裕の態度だった。しかし最近は、山村浩・海上幕僚長がホームページに「温かく見守るべきか思案している」とのコメントを載せるなど、対決色を見せ始めている。

 一方、空と海の争いに陸上自衛隊は「各駐屯地にいる管理栄養士が、地元食材を使った『地産地消』の様々な名物料理を考案している。唐揚げやカレーなど、一つのメニューだけでは勝負しない」(陸上幕僚監部広報室)と静観の構えだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1629343 0 社会 2020/11/16 10:59:00 2020/11/16 11:50:23 2020/11/16 11:50:23 航空自衛隊と海上自衛隊のトップも登場して海自カレーと空自空上げをアピールするポスター(海上自衛隊提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)