「鬼滅の刃」リアル無限城の旅館にファン歓喜…浮き舞台「本当に鳴女が座っていそう」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県会津若松市の芦ノ牧温泉にある旅館「大川荘」の吹き抜けロビーが、大ヒット中のアニメ「鬼滅きめつやいば」の原作漫画に登場する場面に似ているとSNSで話題になり、ファンが続々と訪れている。

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する「無限城」に似ていると話題の大川荘の吹き抜けロビー(福島県会津若松市で)
人気漫画「鬼滅の刃」に登場する「無限城」に似ていると話題の大川荘の吹き抜けロビー(福島県会津若松市で)

 「鬼滅の刃」は大正時代の日本を舞台に、家族を人食い鬼に殺された少年が、鬼に変えられた妹を人間に戻すため鬼と戦う物語。今年春頃から、大川荘と宿敵の本拠地「無限城」の類似を指摘する書き込みがネット上で広まった。

 無限城は、何本もの階段が縦横斜めに入り組む異次元の空間が特徴で、漫画の単行本第6巻の終盤で登場した。「浮き舞台」があり、宿敵の手下「鳴女なきめ」が琵琶を弾く。

 版元の集英社は「作品と一切関係はない」としているが、大川荘にも浮き舞台があり、毎夕、三味線が演奏されることから、SNSに「今、一番行きたい旅館 無限城そっくり!」などと書き込まれるようになった。

 大川荘は1953年創業で、浮き舞台があるのは、89年に増築した鉄筋コンクリート造りの新館(地下1階、地上10階)のロビー。

 新型コロナウイルスの感染拡大で4~6月に休館したものの、営業再開後、漫画の主人公と同じ市松模様の羽織を着た客や、登場人物のぬいぐるみを手にした客が訪れるようになった。「写真だけ撮らせてほしい」と頼んでくる訪問者もいるという。

 今月1日、両親と泊まりに来ていた相模原市の小学4年の女児(9)はロビーを見て「本当に鳴女が座っていそう」と感激していた。

 熱心なファンが訪れる中、「最初はどんな漫画かも知らなかった」と、玉川福男総支配人(66)。問い合わせが相次ぐようになったため、インターネットであらすじや登場人物を慌てて調べたという。今後の予約の状況も上々だといい、「ただただ感謝するしかない」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1629523 0 社会 2020/11/16 11:26:00 2020/11/16 21:49:59 2020/11/16 21:49:59 「無限城」に似ていると話題の「大川荘」のロビー。浮き舞台では毎夕、三味線の演奏が行われる(1日、福島県会津若松市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ