読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナで夫婦の会話増えました…2割が「仲よくなった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 明治安田生命保険は16日、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんだアンケート結果を公表した。コロナ禍で夫婦の「仲がよくなった」(19・6%)と回答した人は、「仲が悪くなった」(6・1%)と回答した人の約3倍となった。

 仲がよくなった理由は、「コミュニケーションや会話の機会が増えたため」が6割超と最も多かった。テレワークなどで在宅時間が増えたことが影響したとみられる。

 夫婦仲については、77・8%が「円満である」と回答した。「円満である」とした夫婦の平均会話時間は、平日146分、休日273分と、「円満でない」とした夫婦の3倍前後となった。

 アンケートはインターネットで行い、全国の20~70歳代の既婚男女1620人から回答を得た。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1630727 0 社会 2020/11/16 19:03:00 2021/06/08 12:45:28 2021/06/08 12:45:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)