黒部の遊覧船、冬ごもり…トンネル内に格納

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 うっすらと雪化粧した北アルプスの山々に囲まれた富山県立山町の黒部湖で16日、今季の運航を終えた遊覧船「ガルベ」(全長16メートル)を湖面から引き上げる冬ごもり作業が行われた。

黒部湖からクレーンでつり上げられる遊覧船(16日午後、富山県立山町で)=細野登撮影
黒部湖からクレーンでつり上げられる遊覧船(16日午後、富山県立山町で)=細野登撮影

 冬ごもりは湖面の凍結で船体が損傷するのを防ぐため、この時期に行われる。大型クレーンでつり上げられた遊覧船は、立山に通じるトンネル内に格納された。

黒部湖からクレーンでつり上げられる遊覧船(16日午後、富山県立山町で)=細野登撮影
黒部湖からクレーンでつり上げられる遊覧船(16日午後、富山県立山町で)=細野登撮影

 運航する関電アメニックスくろよん観光事業部の坂木正さん(59)は「これが終わると、厳しい冬も間近だと感じる」と話した。

 遊覧船は、来年6月1日に運航を再開する予定。

無断転載・複製を禁じます
1631501 0 社会 2020/11/17 00:20:00 2020/11/17 00:20:00 2020/11/17 00:20:00 湖面からクレーンでつり上げられる遊覧船(16日午後1時46分、富山県立山町で)=細野登撮影★★動画素材あり★★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ