鬼滅ファン、「恋の聖地」でコスプレ全開…和歌山の「甘露寺」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県紀の川市にある浄土宗寺院「甘露寺かんろじ」に、人気漫画「鬼滅きめつやいば」のファンの注目が集まっている。作中に同名の人気キャラクターが登場するためで、休日には境内はコスプレを楽しむファンであふれ、市は撮影スポットや更衣室を用意するなど「聖地」としてのPRに力を入れている。

 鬼滅の刃は、鬼にされた妹を人間に戻すため、主人公・竈門かまど炭治郎たんじろうが「鬼殺隊」に入って鬼と戦う物語。個性的な隊員が多数登場し、幹部の「恋柱」と呼ばれる女性剣士「甘露寺蜜璃みつり」は愛嬌あいきょうあるキャラクターで人気が高い。

 紀の川市の甘露寺は創建約360年の小さな寺。以前は観光客が訪れることはほとんどなかったが、鬼滅ブームに着目した市が10月に特設サイトを開設して、寺周辺を「恋の聖地」としてPRしたところ、多い日で1日200人のファンが訪れるようになったという。

 市は撮影スポットにと、寺の了承を得て本堂の雨戸を蜜璃の髪色と同じ桜色のものに入れ替え、キャラクターにふんするコスプレを楽しむファンのため、寺近くに更衣室を用意。寺側も同じ桜色の御朱印を新たに作った。

 鬼滅の刃に関しては、竈門炭治郎にちなんで福岡県筑後市の「溝口竈門神社」や同県太宰府市の「宝満宮竈門神社」など全国各地に「聖地」が誕生し、地域おこしに一役買っている。

 甘露寺の桜色の雨戸は12月13日までの予定で、紀の川市の担当者は「末永く恋の聖地として根付かせたい」と期待を込めている。

無断転載・複製を禁じます
1635563 0 社会 2020/11/18 15:21:00 2020/11/18 15:40:31 2020/11/18 15:40:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ