児童虐待対応19万件、29年連続で過去最多更新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は18日、全国の児童相談所(児相)が2019年度に対応した虐待件数を発表した。前年度比で3万3942件(21・2%)増の19万3780件(速報値)で、統計を取り始めた1990年度以降、29年連続で過去最多を更新した。相次ぐ虐待死亡事件を受け、学校や警察、近隣住民からの相談や通告が増えたのが要因という。

 相談経路別では警察・捜査機関が前年度比1万7335件増の9万6473件で、全体の49・8%を占めた。内容別では、子供の前で親が家族に暴力をふるう面前DV(ドメスティック・バイオレンス)などの心理的虐待が56%と最多。身体的虐待は25%、育児放棄(ネグレクト)は17%、性的虐待は1・1%だった。

 都道府県別では、大阪府が2万4643件と最も多く、東京都の2万1659件、神奈川県の2万449件と続いた。

無断転載・複製を禁じます
1635375 0 社会 2020/11/18 14:00:00 2020/11/18 21:44:03 2020/11/18 21:44:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ