頭叩かれ「生産性のない人間」と暴言、石崎徹衆院議員を元秘書が提訴

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石崎徹衆院議員(36)(比例北陸信越)から暴力や暴言を受けて精神的苦痛を被ったなどとして、新潟市の元秘書の30歳代男性が18日、石崎氏に慰謝料と未払い賃金など計約1000万円の支払いを求めて新潟地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は2018年9月~19年7月、頭をたたかれたり、「生産性のない人間」と言われたり、複数回、暴言や暴行を受けた。また、恒常的に残業させられたが、一切残業代が支払われなかったとしている。

 石崎氏は10月に男性への暴行罪で略式起訴され、自民党を離党。新潟簡裁から罰金20万円の略式命令を受けた。石崎氏は取材に対し、「(原告は)事実と異なる誇大な主張を繰り返している。賠償を求めて反訴することを検討する」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1636173 0 社会 2020/11/18 19:41:00 2020/11/18 19:54:51 2020/11/18 19:54:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)