コロナ急増で「医療提供体制を守れるかの正念場」…日本医師会長が危機感

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本医師会の中川俊男会長は18日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者急増を受け、北海道など各地で医療機関の病床が逼迫ひっぱくしているとの認識を示し、「医療提供体制を守れるかの正念場だ」と訴えた。感染者の増加を抑えるため、国民に向け、感染が拡大している地域への移動を控えるよう呼びかけた。

3回目接種済みが条件、「都民割」9月1日再開…1泊5000円補助

 また中川会長は、「全国での感染の拡大がこのまま続けば、緊急事態宣言発令のような、社会経済活動への大きい措置をとらざるをえなくなる」との強い危機感も示した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1636147 0 社会 2020/11/18 18:58:00 2020/11/18 19:12:33 2020/11/18 19:12:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)