コロナ急増で「医療提供体制を守れるかの正念場」…日本医師会長が危機感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本医師会の中川俊男会長は18日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者急増を受け、北海道など各地で医療機関の病床が逼迫ひっぱくしているとの認識を示し、「医療提供体制を守れるかの正念場だ」と訴えた。感染者の増加を抑えるため、国民に向け、感染が拡大している地域への移動を控えるよう呼びかけた。

 また中川会長は、「全国での感染の拡大がこのまま続けば、緊急事態宣言発令のような、社会経済活動への大きい措置をとらざるをえなくなる」との強い危機感も示した。

無断転載・複製を禁じます
1636147 0 社会 2020/11/18 18:58:00 2020/11/18 19:12:33 2020/11/18 19:12:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ