高2男子の自殺を「突然死」と表現…県が遺族に謝罪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2017年4月に長崎市の私立海星高2年の男子生徒(当時16歳)が自殺した問題で、長崎県は18日、担当者が遺族に対し、自殺を「突然死」という表現で対外的に説明するとした同校側の提案を許容するような発言をしていたと明らかにした。県は同日、発言が不適切だったとして遺族に謝罪した。

 県によると、同校は生徒の自殺直後、対外的な説明について「突然死」や「転校」と表現することを遺族に提案。遺族が18年1月、県の担当者や同校と話し合った際、担当者が「ケースによっては『突然死』ということはあるかもしれないが、『転校』というのは事実ではない」とする趣旨の発言をしたという。

 いじめ防止対策推進法に基づく国の指針では、遺族が自殺の公表を了解しない場合には、「急に亡くなった」といった表現にとどめるよう学校側に求めている。県は担当者が遺族の意向を十分に確認していなかったうえ、「突然死」という言葉を示したことも不適切だったとした。

 生徒の父親(53)は読売新聞の取材に対し、「県の発言として違和感を覚えた。今後、同様の発言がないようにしてほしい」と話した。同校は「コメントを差し控える」とした。

無断転載・複製を禁じます
1636405 0 社会 2020/11/18 21:34:00 2020/11/18 21:47:07 2020/11/18 21:47:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ