「重症者用の病床使用率50%超」で飲食店に休業要請…大阪知事

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大阪府庁
大阪府庁

 大阪府の吉村洋文知事は19日、重症者用の病床使用率が50%超となり、感染拡大の収束傾向がみられない場合、大阪市内の飲食店などに休業を要請する考えを示した。

 府内の重症病床使用率は19日時点で36・9%と東京を上回り、11月1日の3倍近くにまで上昇。府は18日、現状のペースで感染者が増えれば、12月上旬に病床不足に陥るとの試算を明らかにしている。

 吉村知事はこれまで、経済活動との両立の観点から、休業要請に慎重だったが、19日、記者団に対し、「医療体制は厳しく、クラスターは飲食の場面で発生している。医療崩壊を防ぐという大きな目的を考えると、50%を超えた段階でより強くブレーキをかけることになる」と話した。

 府がコロナ用に確保している重症病床は206床で、76人が入院中。

無断転載・複製を禁じます
1640023 0 社会 2020/11/19 23:03:00 2020/11/20 01:47:16 2020/11/20 01:47:16 大阪府庁。大阪市中央区で。2020年11月10日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201120-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ