香川でまた鳥インフル、過去最多49万羽超を殺処分の養鶏場も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 香川県は20日、同県三豊市にある養鶏場2か所の鶏から、高病原性の疑いがある鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。県内で今年判明した感染は6、7例目。

 県は同日、両養鶏場と、従業員の行き来などがあった養鶏場4か所の計6か所で飼育されている約85万羽の殺処分を始めた。このうち1か所は約49万5000羽で、一つの養鶏場の殺処分数としては国内で過去最多という。

 県によると、両養鶏場から19日朝、「多数の鶏が死んでいる」と通報があり、検査で陽性が確認された。農林水産省が毒性の強い高病原性かどうかを調べる。同県では今月5日以降、相次いで感染が判明。今回感染が確認された両養鶏場は、三豊市で感染が判明した4か所の養鶏場からほぼ半径3キロ圏内にある。

無断転載・複製を禁じます
1641152 0 社会 2020/11/20 12:25:00 2020/11/20 12:25:00 2020/11/20 12:25:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ