カプコン採用試験の不合格者情報も流出…HPでは破棄と説明、実は内容を電子化保存

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゲームソフト大手、カプコン(大阪市)がサイバー攻撃を受けた問題で、流出した可能性がある情報に採用試験の不合格者の個人情報が含まれていることがわかった。カプコンは採用試験のホームページ(HP)で、不合格者の情報は破棄すると説明していたが、実際には履歴書などの内容を電子化して保存した後に破棄していた。同社は「HPの説明は誤解を招く表現だった」と釈明した。

 カプコンによると、流出した可能性がある不合格者の情報は氏名や住所、電話番号、メールアドレス、顔写真など。カプコンは16日にサイバー攻撃の被害を公表した際、個人情報約35万件が流出した可能性があり、うち約12万5000件が採用試験の応募者の情報だったとしていたが、不合格者も含まれていることは説明していなかった。

無断転載・複製を禁じます
1641032 0 社会 2020/11/20 11:49:00 2020/11/20 12:04:46 2020/11/20 12:04:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ