大学共通テスト、マスク着用しないと受験できず…フェースシールドのみは不可

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入試センターは20日、来年1月に実施する「大学入学共通テスト」の受験上の注意事項を公表した。新型コロナウイルスの感染予防対策として、受験生に試験場内で常にマスクを正しく着用することを求め、フェースシールドやマウスシールドの着用のみでは受験できないと明記した。

 受験生には、マスクの常時着用と予備を含めたマスクの持参を求めた。感覚過敏などで着用が難しい場合は事前申請が必要となる。マスクを着用せずに受験はできず、追試験での対応となるとした。

 また、試験の7日程度前から毎朝体温を測り、味覚や嗅覚などのチェックを含めた健康観察記録をつけることも求める。さらに、感染が拡大している地域では2週間程度前からの実施を促し、無症状の濃厚接触者が受験できる4要件なども盛り込んだ。

無断転載・複製を禁じます
1642957 0 社会 2020/11/21 00:11:00 2020/11/21 00:31:22 2020/11/21 00:31:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ