東京からの会議出席者と濃厚接触、町長と副町長が2週間の自宅待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県平泉町は20日、青木幸保町長と斎藤清寿副町長が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となり、一関保健所の指示で2週間の自宅待機となったと発表した。21~28日は菅原幹成・総務課長が町長職務代理者を務める。町によると、町長らは14~15日に会議や懇親会に出席したが、東京都から出席していた参加者の1人からウイルスが検出された。町長ら県内の出席者8人はPCR検査を受け陰性だった。

無断転載・複製を禁じます
1643357 0 社会 2020/11/21 07:13:00 2020/11/21 07:13:00 2020/11/21 07:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ