「ドカンと音がした」マンホールの蓋、17メートル先に飛ぶ…ガス漏れで爆発か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

現場付近のマンホールを調べる消防隊員たち(19日午後8時34分)
現場付近のマンホールを調べる消防隊員たち(19日午後8時34分)

 19日午後6時25分頃、鹿児島市花野光ヶ丘2で、「マンホールの蓋が飛んだ。ドカンと音がした」と通行人から110番があった。鹿児島市西消防署などが現場に駆けつけたところガス臭がし、マンホールの蓋一つが約17メートル先に落ちていた。けが人はいなかった。同消防署などによると、近くの住宅の地中にあるプロパンガスの配管が破損していた。漏れたガスに何らかの原因で引火し、爆発したとみられるという。

無断転載・複製を禁じます
1643602 0 社会 2020/11/21 12:33:00 2020/11/21 12:33:00 2020/11/21 12:33:00 現場付近のマンホールを調べる消防隊員たち(19日午後8時34分、鹿児島市花野光ヶ丘2で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201121-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ