渋谷駅前から来た「青ガエル」しばし冬眠…風雪に耐える塗装へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トラックで運ばれる「青ガエル」(20日、大館市で)
トラックで運ばれる「青ガエル」(20日、大館市で)

 東京・渋谷駅前から運ばれ、秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」に設置されていた旧電車のモニュメント、通称「青ガエル」が20日、全面塗装を施すため市内の修理工場へ運ばれた。

 車両は全長11・22メートル、重さ約11トン。1954~86年に東急東横線などで運行された後、渋谷駅前のハチ公前広場で観光案内所として使われていたが、経年劣化で腐食が見られるようになっていた。

 修繕費の1割にあたる118万円は市がふるさと納税のクラウドファンディングで12月末まで寄付を募っており、20日現在、達成率は6割あまり。青ガエルは風雪に耐える塗装が施され、来年春に同施設に戻されるまで“冬眠”する。

無断転載・複製を禁じます
1643668 0 社会 2020/11/21 13:55:00 2020/11/21 13:55:00 2020/11/21 13:55:00 トラックで運ばれる青ガエル(20日、大館市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201121-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ