3連休初日、感染者急増の札幌に観光客は…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染者が急増する中で迎えた3連休初日の21日、札幌市中心部の大通公園は雨にも見舞われ、観光客はまばらだった。

 「Go To トラベル」を利用し、友人と2人で旅行に訪れた東京都大田区の会社員男性(26)は、「人が少なくて、とても静か」と驚いた様子だった。男性は、22日までの北海道内旅行中に札幌での滞在時間を少なくしたといい、「飲み歩くのはやめて、マスクを外さないなど、対策をしっかり取りたい」と表情を引き締めた。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、間隔をあけて改札前のベンチに座る人たち(21日午前、JR札幌駅で)=松本拓也撮影
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、間隔をあけて改札前のベンチに座る人たち(21日午前、JR札幌駅で)=松本拓也撮影

 一方、JR札幌駅では、キャリーケースをひいた観光客も目立った。北九州市から来た会社員男性(23)は、9月に「Go To トラベル」で旅行を予約し、感染対策をとりながら訪れた。男性は「食事の時もマスクを着けて北海道のグルメを楽しみたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1643596 0 社会 2020/11/21 12:21:00 2020/11/21 13:48:31 2020/11/21 13:48:31 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、間隔をあけて改札前のベンチに座る人たち(21日午前10時43分、JR札幌駅で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201121-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ