バス停にいた女性殴り死なす…「痛い思いすればいなくなると思った」出頭の46歳男逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 路上生活をしていた女性を殴って死なせたとして、警視庁は21日、東京都渋谷区笹塚、職業不詳吉田和人容疑者(46)を傷害致死容疑で逮捕した。調べに対し、容疑を認め、「痛い思いをすればいなくなると思った。まさか死ぬとは思わなかった」と供述している。

 発表によると、吉田容疑者は16日午前4時頃、渋谷区幡ヶ谷の甲州街道沿いのバス停で、ベンチに座っていた住所不定、職業不詳大林三佐子さん(64)の頭を殴り、外傷性くも膜下出血で死亡させた疑い。「ペットボトル入りの袋で殴った」と供述している。

 吉田容疑者は21日午前3時頃、母親に付き添われて自宅近くの交番に出頭した。大林さんは夜間にバス停で過ごすことが多かったといい、警視庁は面識の有無などを調べている。

無断転載・複製を禁じます
1643573 0 社会 2020/11/21 11:59:00 2020/11/21 18:51:11 2020/11/21 18:51:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ