小学校でクラスター、児童5人と教職員1人感染…学級閉鎖に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道内では21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに234人確認された。札幌市手稲区の手稲渓仁けいじん会病院と小樽市の小学校ではクラスター(感染集団)が発生した。小学校でのクラスターは道内で初めて。札幌市の80歳代男性2人と旭川市の年代・性別非公表の1人の死亡も確認された。

 札幌市では、新たに161人の感染が判明した。このうち61人の感染経路が分かっていない。

 手稲渓仁会病院で感染が分かったのは、20~80歳代の入院患者9人と職員4人の計13人。同病院は、重篤な救急患者を受け入れる「3次救急医療機関」に指定されており、急患の受け入れは続けるが、不急の手術や検査、予約患者以外の外来診療を今月24日まで休止するという。

 小樽市では、市立稲穂小の児童5人と教職員1人の感染が明らかになり、クラスターと認定された。児童5人は同じクラスで、同小は、このクラスを学級閉鎖とした。

 このほか、既に公表されている医療機関や福祉施設のクラスターで、感染者がさらに増えた。

 北広島市の障害者支援施設では、新たに利用者2人の感染が分かり、同施設の感染者は計99人になった。旭川市の慶友会吉田病院では、新たに入院患者や看護師ら5人の感染と感染者1人の死亡が確認された。同病院の感染者は計87人、死者は計8人に達した。また、札幌田中病院(札幌市手稲区)を運営する医療法人によると、新たに職員3人の感染が判明し、感染者は計70人となった。

          ◇

 札幌市教育委員会は、市立光陽中(同市北区)と市立篠路西中(同)でそれぞれ生徒1人が感染したと発表した。両校は学級閉鎖とした。

無断転載・複製を禁じます
1645049 0 社会 2020/11/22 10:04:00 2020/11/22 10:04:00 2020/11/22 10:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201122-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ