恐竜の足音・鳴き声?「ガオー」「ドスン、ドスン」24時間…クマ対策で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

24時間鳴き声や足音が響く園内(福井県勝山市で)
24時間鳴き声や足音が響く園内(福井県勝山市で)

 福井県内でクマの出没が相次ぐ中、多数の恐竜モニュメントなどが展示されている勝山市の屋外娯楽施設「かつやまディノパーク」ではユニークな対策が行われている。一日中、恐竜を思わせる足音や鳴き声を流すことで、クマの接近を妨げようとしている。同園の担当者は「恐竜の力を借りて、園内の安全を守りたい」としている。

 「ガオー」「ドスン、ドスン」。昼間は多くの家族連れらが訪れる施設では、営業時間の終了後も足音や鳴き声が響く。夜間にクマが園内に入るなど、園内が生息域に含まれるのを防ぐための取り組みで、24時間音を流し続けている。

 県によると、▽目撃▽痕跡発見▽捕獲――などの件数を合わせた「出没件数」は、9月から今月18日までの間で727件に上り、昨年9月~今年3月の601件を大きく超えている。

 そのような中、足音や鳴き声の効果は不明だが、園内でクマの目撃情報はほとんどないという。同園は今年の営業最終日の23日まで取り組みを続ける。

無断転載・複製を禁じます
1645308 0 社会 2020/11/22 14:12:00 2020/11/22 14:33:16 2020/11/22 14:33:16 夜通し鳴き声が響く園内(勝山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201122-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ