JRトンネル内に8・6キロの鉄板、運転士が発見…腐食して落ちたか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 21日午前8時頃、岡山県真庭市のJR姫新線・篠尾トンネル内で、新見発津山行き普通列車(2両)の運転士が、側面に取り付けられた鉄板(縦約1・7メートル、横約0・7メートル、重さ約8・6キロ)が落ちているのを見つけた。乗客にけがはなかった。

 JR西日本岡山支社によると、コンクリート面の剥落はくらくを防ぐための鉄板で、腐食して落ちたとみられる。同支社は、同じ工法で取り付けられた鉄板のあるトンネル4か所で緊急点検を行う。

無断転載・複製を禁じます
1646103 0 社会 2020/11/23 00:12:00 2020/11/23 00:28:36 2020/11/23 00:28:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ