和歌山で2年ぶりにパンダ誕生…父親の永明は繁殖成功「世界最高齢」の記録更新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

22日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(和歌山県白浜町で)=アドベンチャーワールド提供
22日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(和歌山県白浜町で)=アドベンチャーワールド提供

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は22日、ジャイアントパンダの良浜ラウヒン(20歳)が雄の赤ちゃん1頭を産んだと発表した。同施設でのパンダ誕生は17頭目で、2018年8月の彩浜サイヒン(雌、2歳)以来。

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は22日、ジャイアントパンダの良浜ラウヒン(20歳)が雄の赤ちゃん1頭を産んだと発表した。同施設でのパンダ誕生は17頭目で、2018年8月の彩浜サイヒン(雌、2歳)以来となる。父親の永明エイメイ(28歳)は、飼育下での自然交配で繁殖に成功した世界最高齢の雄という自らの記録を更新した。

 発表によると、同日午前11時50分に体重157グラム、体長20・5センチで生まれた。健康状態は母子ともに良好という。雄の誕生は10年8月以来。良浜が出産したのは10頭目で、人間の80歳代に相当する永明は、別の雌との間に生まれた6頭と合わせ、16頭の父親となった。

 これまでは中国の研究施設のスタッフが来日し、出産に立ち会っていたが、コロナ禍で今回はアドベンチャーワールドのスタッフのみで見守った。

無断転載・複製を禁じます
1645529 0 社会 2020/11/22 19:16:00 2020/11/22 21:05:09 2020/11/22 21:05:09 元気に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201122-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ