読売新聞オンライン

メニュー

高齢の男女が参加のサークル、カラオケ大会でクラスター発生

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県は23日、県内で新たに男女11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも症状は安定している。11人のうち6人は、かつらぎ町内で15日に開かれたカラオケ大会に参加しており、県内で10件目となるクラスター(感染集団)と認定した。県内の感染者数は計395人になった。

 発表によると、カラオケ大会は「カラオケサークルフレンド有志の会」主催で、同町のかつらぎ総合文化会館「あじさいホール」で開催。前日の14日には参加者の自宅に9人が集まり、練習も行われていたという。

 今回、感染が判明した6人はいずれも橋本保健所管内在住の無職で70、80歳代の男女6人。同大会の感染者は、21日に感染が発表された無職男性(80歳代)と、22日のパート女性(70歳代)を合わせた計8人になった。同大会には計38人が参加しており、県がほかの参加者の検査を進めている。

 県福祉保健部の野尻孝子技監は「カラオケや大人数の催しについては、基礎疾患を持っている方が多い高齢者は特に控えてほしい」と呼びかけている。

 ほかはいずれも、すでに判明している感染者の濃厚接触者で、田辺保健所管内の会社経営者男性(60歳代)と、同管内の自営業男性(同)、岩出保健所管内の介護職女性(70歳代)。また、新たに和歌山市の無職男性(50歳代)と、同居家族の無職女性(80歳代)の感染も判明した。

無断転載・複製を禁じます
1648277 0 社会 2020/11/24 11:25:00 2020/11/24 11:48:30 2020/11/24 11:48:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)