「年末ジャンボ」発売、購入者の間隔1m確保

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

距離を確保して「年末ジャンボ宝くじ」を買い求める人たち(24日午前9時27分、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影
距離を確保して「年末ジャンボ宝くじ」を買い求める人たち(24日午前9時27分、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影

 1等・前後賞合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」の販売が24日、全国で始まった。1等(22本)の賞金が7億円で、前後賞が1億5000万円。12月25日まで販売され、抽選は大みそかに行われる。

給付金詐取の男、口ぐせは「一獲千金」…最新の話題に敏感「知識は武器だ」

 東京・銀座の宝くじ売り場「西銀座チャンスセンター」では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、購入者の間隔を約1メートル確保し、午前8時半から販売を開始。午前7時過ぎから並んで3万円分購入したという相模原市の男子大学生(20)は、「感染者が増えていることは気になるが、売り場は屋外で対策もされていて安心した」と話していた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1648192 0 社会 2020/11/24 10:58:00 2020/11/24 15:02:09 2020/11/24 15:02:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201124-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)