読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

富裕層の申告漏れ過去最高の789億円…国税庁「海外投資を行う人目立つ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国税庁は27日、全国の国税局が今年6月までの1年間に実施した所得税の調査で、富裕層の申告漏れ額が789億円(前年比3・4%増)に上ったと発表した。追徴税額は259億円(同27・6%増)で、いずれも過去最高だった。

 発表によると、新型コロナウイルスの影響で、富裕層への調査件数は4463件(同16・0%減)にとどまったが、1件あたりの申告漏れ額は1767万円(同23・1%増)、追徴税額は581万円(同51・7%増)に上った。海外投資を行う人の申告漏れが目立ったといい、国税庁は「引き続き海外財産についても情報収集を進め、積極的に調査する」としている。

無断転載・複製を禁じます
1658559 0 社会 2020/11/27 18:50:00 2020/11/27 18:50:00 2020/11/27 18:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)