読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「SFの世界連想」警察署の屋上、赤く浮かぶネオンサイン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「暴力追放」「交通安全」と赤く浮かび上がるネオンサイン(新居浜署で)
「暴力追放」「交通安全」と赤く浮かび上がるネオンサイン(新居浜署で)

 愛媛県警新居浜署の屋上で「暴力追放」「交通安全」と赤くともるネオンサインが、インターネット上で「SFの世界を連想させる」と話題になっている。10月にツイッターで写真が投稿されると、1万7000回を超える「いいね」がついた。

 新居浜署は1970年に建てられ、県内16署のうち4番目に古い。看板は87年の設置で、地元の防犯協会や交通安全協会が管理し、日暮れから午後11時頃まで点灯されているという。

 写真は「サイバーパンク感ヤバすぎて笑う」というつぶやきとともに投稿された。サイバーパンクはSFのジャンルで、近未来都市を描いたアニメや映画を連想させるとの反応が相次いだ。人気作品「攻殻こうかく機動隊」に架空の都市として「新浜県新浜市」が登場することから、新居浜市との類似を指摘する投稿もあった。

 新居浜署の清水俊勝副署長は「昭和のレトロ情緒は言われてきたが、近未来都市とは想像もしなかった。注目してもらえるのはありがたく、今後も犯罪摘発に努めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1659969 0 社会 2020/11/28 07:20:00 2020/11/28 07:20:00 2020/11/28 07:20:00 ネット上で話題になっている新居浜署のネオン(新居浜署で)=岩倉誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201128-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)