読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小学生の時から祖母介護、女性「自分が助けないと」…ヤングケアラー過度の負担

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

祖母を介護した小学生の頃を振り返る女性
祖母を介護した小学生の頃を振り返る女性

 病気や障害の家族を介護する若者への支援が課題となっている。「ヤングケアラー」や「若者ケアラー」と呼ばれ、過度の負担で学校生活や社会生活に支障が出ているケースもある。大阪では高校生の5%が該当するというデータもあるが、潜在化しやすく全体像は分かっていない。国は近く実態調査に乗り出す方針で、支援を行う民間団体も出てきた。(河下真也)

大阪 高校生の5% 国が実態調査へ

 「介護する生活が当たり前だと思っていた」。京都府内の大学に通う女性(22)は小学生の頃を振り返る。

 中学年の時、認知症の祖母との同居が始まった。両親は共働きで夜まで帰ってこない。学校から帰宅すると、祖母の面倒をみるのが日課になった。

 仕事、育児に介護も加わり、やつれていく母親。女性は「自分が助けてあげないといけない」と考えるようになり、日中も自宅で付きっきりになった。夜中に歩き回るため、寝不足になった。祖母が亡くなるまでの2年間、不登校になったが、「家族のため、学校より介護を選ぶしかなかった」と話した。

■若者介護21万人

 日本ケアラー連盟は「大人が担うようなケア責任を引き受ける18歳未満の子ども」を「ヤングケアラー」、18歳~30歳代を「若者ケアラー」としている。

 総務省の就業構造基本調査(2017年)によると、15~29歳で介護を担っている人は約21万人。2012年の調査と比べると3万2500人増えており、高齢化などで中高年だけではケアを担えなくなっていることが一因とされる。ただ、介護の内容や程度など実態は分かっておらず、厚生労働省は12月にも、介護する子どもの調査を始める。

残り:882文字/全文:1683文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1663125 0 社会 2020/11/30 09:40:00 2020/11/30 09:56:30 2020/11/30 09:56:30 祖母を付きっきりで介護した小学校時代を振り返る女性 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201130-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)