読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

説得に応じぬ女性、警備員は最後にATMの前に立ちはだかった

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 特殊詐欺の被害を防いだとして、大阪府警西署は「綜合警備保障(ALSOK)」警送近畿支社の警備員2人に感謝状を贈呈した。

 同署などによると、2人は10月21日、業務で訪れていた大阪市内の現金自動預け払い機(ATM)コーナーで、特殊詐欺の被害が疑われる70歳代女性を見かけた。女性が混乱してなかなか説得に応じなかったため、2人は最後にATMの前に立ちはだかって操作を中断させ、110番通報して210万円の被害を防いだ。

 女性は「犯人からの電話を正規の手続きと信じ込んでいた。本当に助かりました」と感謝しているという。

 2人は「詐欺だと確信し、なんとかしてあげたいと必死だった。被害を食い止められてほっとしている」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1670268 0 社会 2020/12/02 20:49:00 2020/12/02 21:11:31 2020/12/02 21:11:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)