読売新聞オンライン

メニュー

うどんそば自販機に「パウンドケーキ」、かつおだし利いた生地で甘じょっぱい味…休日には行列

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名物自販機を再現したパウンドケーキの箱。後ろに写るのが本物の自販機
名物自販機を再現したパウンドケーキの箱。後ろに写るのが本物の自販機

 秋田市土崎港西の道の駅あきた港は、名物レトロ自動販売機のうどんとそばのスープを使った「うどんそば自販機パウンドケーキ」を販売している。かつおだしの利いたしょうゆ味のつゆをケーキの生地に練り込み、甘じょっぱい味に仕上げた。休日には買い求める客で行列ができるほどの人気という。

 自販機は2016年3月まで近くの商店に40年以上設置されていたもので、地元住民らから長年愛されてきた。商店の閉店を機に道の駅の屋内緑地施設「セリオンリスタ」に移設。今でも県内外から多くの人が訪れ、休日には1日で200杯近く売れるという。

 新型コロナウイルスの影響で来場者が減る中、「新しいオリジナル商品を」と企画。箱は、商品の受け取り口や購入方法の説明書き、補修のために貼られた粘着テープまで自販機の外観を忠実に再現した。縦約18センチ、横約9センチ、厚さ約6センチ。

 同道の駅の佐藤長武さん(57)は「どこか懐かしい味を体験できる。こだわりのパッケージはインテリアとして飾ってほしい」と話している。8月発売の「うどんそば自販機キャンディー」に続く第2弾で、今後も名物自販機の商品を検討するという。

 1080円(税込み)。問い合わせは道の駅(018・857・3381)へ。

無断転載・複製を禁じます
1671406 0 社会 2020/12/03 11:32:00 2020/12/03 11:32:00 2020/12/03 11:32:00 うどんとそばのスープを使ったパウンドケーキ(12月1日午後3時40分、秋田市土崎港西の道の駅あきた港で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201203-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)