読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

夜間無人の有料道路、料金箱置いたが…13億円徴収漏れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市の自動車専用の有料道路「ハーバーハイウェイ」(10・5キロ)で夜間に通行する車両への料金の徴収漏れが2015年度以降、少なくとも13億円超に上ることがわかった。ノンストップ自動料金収受システム(ETC)などはなく「タダ乗り」が横行していた。

 ハーバーハイウェイは、新港―摩耶ランプと摩耶―高羽ランプに分かれ、年計約1000万台が利用。料金は1区間110円、2区間210円。徴収は摩耶ランプにある料金所で行う。

 夜間の通行が少ないため、午後8時から翌午前8時を無人とし、料金箱を置いて支払いを求めていたところ、15年度から今年10月まで約1230万台の夜間利用があったが、少なくとも計13億6000万円が徴収できていないとみられる。

 市は「経費を抑えるため、無人対応が合理的と考えた」と釈明し、「看板を設置するなどして支払いを呼びかける」としている。

無断転載・複製を禁じます
1671604 0 社会 2020/12/03 12:01:00 2020/12/03 12:01:00 2020/12/03 12:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)